Tongue Control Therapy

舌コントロール療法とは

歯の口蓋側面にレジンを貼り付けたり、補綴の口蓋側面や頬側面の形態を修正することで、解剖生理学的に筋骨格が安定した状態になり、体そのものを健康的に機能させる施術方法です。

舌コントロール療法を取り入れることで、快適な日常生活や理想的な成長、補綴のトラブル回避など、歯科医師が患者さんのQOLに大きく貢献出来ます。

セミナー受講までの流れ

本セミナーに参加される前に『舌コントロール療法が何を目的にどんなことをするのか?』納得した上で参加して欲しいという想いから、セミナーの参加には次の条件を設けております。

  • 舌コントロールを行っている歯科医院で臨床の見学
  • 舌コントロールプレセミナーの参加
  • 本セミナーの実習見学
  • スタッフから舌コントロールの説明を受ける (大阪上本町 or 東京四ツ谷 )

以上のいずれかの条件を満たして頂いてから本セミナーに申し込み、参加という流れになります。

希望される場合はそれぞれの詳細から、ご都合に合うものを選んで頂き、お問い合わせフォームよりご連絡下さい。

舌コントロールセミナーの参加条件

  1. 歯科医院での臨床見学
  2. スタッフから説明を受ける

1. 舌コントロールを行っている歯科医院での臨床見学

現在舌コントロールは三重県松阪市・大阪市中央区・和歌山県新宮市の歯科医院で臨床を行っています。

日程はそれぞれの歯科医院でバラバラなので、臨床見学をご希望の場合希望の地域を送信して頂ければ、折り返し日程をご連絡致します。

3. スタッフから舌コントロールの説明を受ける

私たちの治療院は、大阪上本町にあり基本的にはいつもスタッフがいますので、いつでも舌コントロールの説明が可能です。

また毎月1回東京の四ツ谷で手技療法のセミナーを開催しており、そこでもご都合が合えば説明が可能です。