Tongue Control Therapy

舌コントロール療法とは

歯の口蓋側面にレジンを貼り付けたり、補綴の口蓋側面や頬側面の形態を修正することで、解剖生理学的に筋骨格が安定した状態になり、体そのものを健康的に機能させる施術方法です。

舌コントロール療法を取り入れることで、快適な日常生活や理想的な成長、補綴のトラブル回避など、歯科医師が患者さんのQOLに大きく貢献出来ます。

理論


> 舌コントロール療法の模型分析(舌尖編)

舌コントロール療法(以下、舌コン)での模型分析は一般的な歯科の模型分析とは異なります。誤解のないように書きますが、これまでの模型分析を否定するものではありません。この模型分析は咬合点などを見る方法で


> 舌コントロール療法のレジンについて

舌コントロール療法(以下舌コン)の説明をする時や実習の時によく質問される内容の一つにレジンの形状があります。そのことについてまとめます。 使用するレジン これまで様々なレジンを試してもら